Macユーザーは今すぐ設定をチェック!Macを狙った新しいマルウェアが登場

gatekeepermac

ESETが、Macを標的とした新しいマルウェア「OSX/Keydnap」について報じています。

「OSX/Keydnap」はバックドアとして動作すると同時に、キーチェーンアクセスから認証情報などを摂取する新しいマルウェア。

今すぐGatekeeperの有効化を

このマルウェアは、ZIPファイル形式で配布され、メッセージなどに添付される形で広まっているとのこと。このZIPファイルを展開すると、.jpgや.txtのように一見、画像ファイルやテキストファイルの拡張子がつけられているが、実際にはファイル名の最後に空白が含まれており、実際の拡張子は別のものになっているという。

zip_file-768x472 file_info_annotated-492x1024

そのため、このファイルを画像(またはテキスト)だと思いダブルクリックしてしまうと、マルウェアが実行されてしまうという仕組みになっているという。

さらにダブルクリックをした後は、一瞬だけターミナルアプリが起動し、その後すぐに終了してしまう為、マルウェアが実行されたことに気づかない可能性があるとのこと。

対策としては、Gatekeeperの機能の有効化、または「OSX/Keydnap」に対応したセキュリティソフトの利用が望まれるとのことです。

Source:ESET

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2