Android端末の偽「ウイルスを検出した」警告にIPAが注意喚起!

000053590
※画像はIPA 独立行政法人 情報処理推進機構より出典
図1:ウイルス検出の偽警告メッセージからアプリのインストール画面への遷移
(公式マーケットにあるアプリ“Go Security”のインストール画面に誘導されるケース)

 

Android端末にて、突然「ウイルスを検出した」という警告メッセージが表示されるという相談が急増していると、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が注意を促しています。

これは、ウェブサイト閲覧中に突然表示された警告画面の指示通り操作を進めると、アプリのインストールに誘導されてしまうというもの。

IPAによると、実際のウイルス感染により表示されるものではなく、特定のアプリをインストールさせるための一種の広告と考えられるとのこと。

警告メッセージの内容を鵜呑みにせず、「画面が表示された場合にはブラウザのタブを閉じる」ように呼びかけています。

 

 

不自然な日本語で書かれた警告メッセージ

000053591
※画像はIPA 独立行政法人 情報処理推進機構より出典
図2:全体的に不自然な日本語表現の“ウイルス検出の偽警告メッセージ”
(Google Nexus 6端末での表示した場合)

 

IPAの調査では、上記のような警告メッセージによってインストールを促されるアプリは複数あり、いずれのケースでも公式の Google Playに誘導されるとのこと。

そのため、仮にアプリをインストールしてしまった場合でも被害に発展する可能性は低いとしていますが、インストールしたアプリが不要であれば、アンインストールすることを推奨しています。

 

 

Source:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2