宅配便を装う『不在お知らせメール』にご注意を!

nise

宅配便の不在メールを装う不審メールが増えているようです。

 

日経新聞によると、ヤマト運輸をかたる不審メールは6月29日未明から急増しており、配達予定日時を知らせるメールを装うもの。

添付ファイルにコンピューターウイルス が埋め込まれていて、添付ファイルを開くと、ネットバンキングのIDとパスワードが盗まれる恐れがあるという。

このメールは、差出人のメールアドレスがヤマト運輸が正規に利用しているアドレスを偽装していて、不審メールと気づきにくい。

配達予定日時を知らせる正規のメールにはファイルは添付されていないないため、ヤマト運輸では「添付ファイルがあったら絶対に開かないでほしい」と呼びかけています。

ss.1

ヤマト運輸 公式サイトより

 

 

佐川急便では6月に不在通知を装った不審メールが目立ってきたとのこと。

メールには再配達を申し込むサ イトにアクセスするためのURLが記載されており、氏名や住所を記入してしまうと、個人情報を収集されてしまう恐れがある。

不審メールには様々なパターンがあり、佐川急便は10種類を例示して注意を促しています。

ss.2

佐川急便 公式サイトより

 

 

Source:日本経済新聞 , ヤマト運輸 , 佐川急便