ポケモンGOで反則切符-運転しながらのポケモン探しは絶対ダメ!-

IMG_5395

ある程度予想はされていましたが・・・。

ポケモンGOが日本国内で配信が開始され、今までは誰もいなかった公園だったり、ショッピング施設だったり、あらゆるところでスマホを片手にポケモンGOをプレイしているであろうユーザーを見かけるようになりました。ただ、リリース前から政府や各キャリアが呼びかけをしていましたが、恐れていた事態も発生しているようです。

ミニバイクに乗りながらポケモン探し

産経ニュースの報道によると、ポケモンGOが配信された7月22日の深夜、京都府の国道で蛇行運転しているミニバイクを警察が停止させたところ、運転者の手にはスマートフォンが。そしてその画面には、ポケモンGOが映し出されていたとのこと。

運転者の男子学生は「ポケモンを探しながら走っていた」と話しているという。この男性学生は、道交法違反で反則切符を切られたとのことです。

実際に、私自身も何人か自転車に乗りながらスマホ画面を見つめているという方を何名か目にしました。ポケモンGOは近くにポケモンが出現すると、バイブレーションで通知してくれる機能がついています。ポケモン集めに夢中になるのはわかりますが、画面を見つめ続ける必要はありません。ユーザーの皆さんは、ルールを守って楽しくプレイできるようにしていきたいですね。

Source:産経ニュース