Apple Watch2はタッチパネルが軽量・薄型化、さらにバッテリー駆動時間が向上の噂!

IMG_3677

年内のリリースが見込まれているApple Watch2ですが、そのタッチパネルに関する情報が飛び込んできました。

タッチパネル軽量薄型化!?

DigitimesによるとApple Watch2のタッチパネルには、現行のものとは異なるOGS(One Glass Solution)と呼ばれる技術が採用されるとのこと。

ちなみに現行モデルのタッチパネルには、G/G(Glass on Glass)技術が用いられています。G/Gとは2枚のガラスを重ね合わせるというもので、現行品はカバーガラスとタッチセンサーが別々になっています。

これが、OGSになると、カバーグラスとタッチセンサーの両方の役割を1枚のガラスに担わせることができるとのこと。

このことにより、筐体の薄型化と軽量化が図れるだろうとのことです。

バッテリー駆動時間も向上か?

更に、薄型化して空いたスペースをバッテリーにあてることにより、駆動時間の向上が見込めるだろうとのこと。

Apple Watchを積極的に活用しようとしたら、今のバッテリー駆動時間では、やや心許ないですからね。このニュースが現実のものとなればユーザーにとってはありがたいですね。

ただし、Apple Watch2の詳細なスペックはおろか、リーク画像などですら現時点での登場がありません。iPhone7以上に謎に包まれているApple Watch2ですので、実際にはどのようなかたちになるのかは、今後の情報を待つほかなさそうです。

Source:Digitimes

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2