映画「シン・ゴジラ」を話題の4DXで観てきました!

shingzl

映画のシーンにあわせて座席が動き、水が飛び、風が吹き、さらに香りや煙などの演出付きで映画が観れるという、話題の”体感型”映画上映システム『4DX』

今回、映画「シン・ゴジラ」にて、石原さとみさんの登場シーンで「いいニオイがする」という噂を検証するべく、4DX体験をしてきました!

4dx

 

 

4DXの注意点

まず驚いたのが、映画館でよく見るドリンクホルダーを拡張するトレイが使用できないこと。

tray-1
画像は楽天市場より『シート用トレイ「TRAY I TYPE A Black」

ドリンクは置けるけど、トレイの使用がNGとのこと。ポップコーンは袋に入れてくれました。

次に、荷物はシートの下には置けませんという案内があり、ロッカーに預けられるようになっていました。

 

 

期待に胸を膨らませながら劇場に入りシートに座ると、水しぶきのON/OFFスイッチを発見!

DSC_0178

特にデリケートでなければ常時ONがオススメ。

個人的な主観になりますが、”思った以上に”飛んできます。

 

 

映画が始まる前に、4DX視聴の注意点などが紹介され、「こんな感じだよ」というデモがありました。

シートの動きなどは、ここで十分慣れることができると思います。

 

 

 

で、どうなの?

個人的には内容も、4DXの演出もとても楽しくて大満足!

 

エヴァンゲリオンが好きな人は、嬉しくなる演出がたくさんあります。

その反面、明朝体の長い熟語が苦手な人は向かないかもしれません。

 

4DXはアトラクションとしてすごく楽しめます!

水の演出では、大きめサイズの水が飛んできます。

風の演出は、いろいろな意味で斬新でした。一番好きな演出です。

シートの動きは忙しい動きをするので、落ち着いて観たい人には向きません。

 

最後になりますが、エンドロールが始まっても誰ひとり席を立たなかったことが、面白いなと思いました。

噂の「いいニオイ」については…ご自身での確認をオススメします。

 

参考:映画『シン・ゴジラ』公式サイトユナイテッド・シネマ|シネプレックス

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2