iPhoneで指紋認証「Touch ID」がうまく作動しないときの対処法

goriIMG_9522071095815_TP_V

iPhoneユーザーには、すっかり当たり前になっている、指紋認証センサー「Touch ID」でのロック解除。これがなかなか上手く作動しない。なんてことありませんか?

今日は、そんなときに試しておきたい対処法をまとめました。

指紋認証がうまくいかないときは…

Touch IDが上手く作動しないときは、いくつかの原因が考えられます。

指が濡れている・汚れている

指が汚れていたり濡れていると、指紋を認証することが難しくなります。
とくに、この季節は手汗などをかきやすいですからね。
手が汚れていたり、濡れている場合は、しっかりと拭き取りましょう。

指が乾燥している

これは、冬場などの乾燥の季節に多いですね。指が乾燥しているとセンサーが反応しない場合があります。息を吹きかけるなどして、湿らせてあげてください。

センサーが汚れている

Touch IDセンサーの付いている、ホームボタンは頻繁に押す場所です。そのため、皮脂などの汚れが付きやすい場所でもあります。

Touch IDセンサーが汚れていると、指紋を読み取りにくくなってしまいますので、汚れをメガネふきなどの柔らかい布で、拭き取ってあげましょう。

Touch IDが認識しなくても、パスコードを入力すればロックを解除することは可能ですが、なんどもその状態が続くと意外とストレスになりますよね。
なかなか指紋が認証されない!という方は、ぜひお試しを。