その頭痛は気圧によるもの?気圧の変化による体調管理をアシストしてくれるアプリ!

ss.1

「季節の変わり目は頭痛がする」「雨が降ると昔のキズが痛む」

こういった、梅雨時や台風の接近で起こる症状は、「気象病」と呼ばれているそうです。

 

気象病

 気象病(きしょうびょう、英: meteoropathy)とは、近年認知されつつある病名で、気象の変化によって症状が出現する、あるいは悪化する疾患の総称。代表的なものとして、「天気が悪いと古傷がうずく」天気痛、メニエール病、喘息、めまい症、うつ病、頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、じんましん、吐き気、心臓発作、脳出血などが知られている。
Wikipediaより引用

 

この気象病を予報してくれる素敵なアプリが「頭痛ーる

気象予報士が開発したという、頭痛・気象病対策アプリ。

頭痛や気象病の起こりそうな時間帯を、グラフやプッシュ通知で教えてくれるというもの。

D0b8SqLCK9s1DfiR_Pw3k707Z2_lWBZcvAOBrxoHcOt6eDr2OB-yza1xl46YEYLV_g=h900-horz

 

また、主要都市の気圧予報を天気予報と合わせてチェックもできちゃう。

さらに、くすりの服用を記録することで、傾向と対策がわかるというもの。

 

こういったアプリを有効に使って、季節の変わり目の痛みに万全で備えたいですね。

 

Sauce:頭痛ーる:気圧予報で体調管理 全国700万人の気象病対策アプリ