iPhone7/7 Plus 今までのFMトランスミッターは使えるの?

side-372

いよいよ明日発売のiPhone7/7 Plus。

今回のiPhoneはイヤホンジャックが廃止され、よりスタイリッシュなデザインになっています。が、一方でFMトランスミッターなどを利用していた場合、使えなくなるケースもあるので注意が必要です。

イヤホンジャック接続のものは注意

iPhone7/7 Plusには、イヤホンジャックが廃止されています。同梱品のイヤホンも、EarPods with Lightning ConnectorというLightning端子に接続するものが。

では、今まで使っていたイヤホンジャックに接続するトランスミッターは使えないのか?というと、あるケースを除いては継続して利用することが可能です。

iPhone7/7 Plusを購入すると、同梱品として「Lightning-3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」が付いてきます。

これを利用すれば、今までとおりにFMトランスミッターを利用することができます。

充電との併用ができない

ただし先にも述べたとおり、今まで利用してたFMトランスミッターを利用できないというケースもあります。

それが、iPhoneを充電しているとき。

今までのイヤホンジャックに挿していたトランスミッターを利用するには、アダプターが必要です。

そして、iPhone7/7 PlusにはLightning端子がひとつしかないですから、充電と音楽の両方を同時に利用するということが不可能になってきてしまいます。

充電と音楽の両方を同時に使うには?

では、充電しながら音楽を車内で楽しむにはどうしたらいいか?

それには、2つの方法があります。

  • FMトランスミッターをBluetooth対応のものに買い替える
  • Lightning Audio + Charge RockStarを購入する

Lightning Audio + Charge RockStarは、米カリフォルニア州のサードパーティ製メーカーBelkinが発売するというアダプター。

発売は10月10日で、価格は39.99ドル(約4000円)とのこと。残念ながらiPhone7の発売日には間に合わないようですが、車内で音楽を楽しみたいっていう方には必需品になりそうですね。

Source:Belkin

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2