米Yahooが5億人以上のユーザー情報の流出を発表

yahoo5

今回は5億人以上の大規模なものです。

Yahooは自社のデータベースより5億人以上のユーザアカウント情報が2014年に盗まれていたことが社内調査にて発覚したと、公式発表をしました。

氏名・メールアドレスなどが流出

今回の社内調査で流出されたとされる5億人のユーザアカウント情報は以下のとおり。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 住所
  • 電話番号
  • 生年月日
  • ハッシュ化されたパスワード
  • 暗号化されたまたはされていないセキュリティの質問と答え

なお、今回の流出にはクレジットカード情報や銀行口座情報は含まれていないとのことです。

Yahooは影響を受ける可能性のあるユーザーに対して、パスワードやセキュリティ質問と答えなどを変更する手順を案内する通知を送付済みとのこと。

また、2014年以降いちどもパスワードを変更していないユーザーに対しても、新しいパスワードに変更することを推奨しています。

疑わしいアクティビティを発見したらすぐに対処を

もしも自分のアカウントで、オンライン上で疑わしいアクティビティを発見したら、同じパスワードやセキュリティ質問や答えを使い回している他サービスのものも変更するようにしたほうがいいでしょう。

またYahooは、自社の各サービスのパスワードを暗号化して一元管理できる、「Yahoo Account Key」を利用するようユーザーに求めています。

Source:Yahoo

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2