Office2016がOffice2013と共存可能に!ソフトウェアの確認と更新方法

cvmjaeexyaasdoo

Microsoftが、Office365利用ユーザー向けに「Office2016」のビルド番号: [16.0.7369.xxxx]の配信を開始し、Office2013と同一PC内で共存することができるようになったことを発表しました。

2013と2016の共存可能とは?

以前の仕様では、Office2016をインストールするとOffice2013は削除されてしまっていました。

たとえば今までPowerPoint2013を利用していたユーザーが、Office Personal2016をインストールすると、PowerPoint2013が削除されてしまい利用することができなくなっていました。
aten12

これが今回の変更では、Office Personal2016とPowerPoint2013が同一PC内で共存することができるようになっています。

また、PowerPoint2013がインストールされているPCにPowerPoint2016をインストールした場合は、最新版のみがPC内に存在するようになっています。

ソフトウェアの確認方法

このビルド番号を確認するには、Office2016のアプリケーションを開き、「ファイル」>「アカウント」をクリック。

Office更新プログラムと記載されている場所から、バージョン情報を確認することができます。
attension2_02

このバージョン情報が、[16.0.7369.xxxx] か、もしくは [7369] の部分が、[7369] よりも大きい番号の場合は、修正済みのソフトウェアがインストールされているということになります。
attension2_03

ソフトウェアの更新方法

また、修正済みのソフトウェアがインストールされていない場合は、「更新オプション」>「今すぐ更新」をクリックすることで、ソフトウェアの更新を行うことが可能です。
attension2_06

Source:Microsoft

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2