Suicaはかざすだけ Apple Payをスマートに使う方法

img_6266

Apple Payが日本でも使えるようになりましたが、ちょっと面倒くさいって思っている方もいるのではないでしょうか?

Apple Payを利用するには、Walletアプリに登録してあるカードを表示して、指紋認証して、リーダーにかざすという手順が必要です。いちいちWalletアプリを開くのが面倒だという方に、Apple Payを最速で使える方法を紹介します。

Suicaを素早く使う方法

Apple Payに登録したSuicaは、Walletアプリを開かなくてもiPhone7/7 Plusをかざすだけで利用することが可能です。

でも、そのためにはちょっとした設定が必要。その設定を見直してみてください。

設定>WalletとApple Payを開きます。
img_6325

交通系ICカードの部分の「エクスプレスカード」がSuicaになっている必要があります。Suicaになっていない場合は、Suicaを選択しましょう。
img_6326

これで、Walletを起動しなくてもiPhone7/7 Plusをかざすだけで、Suicaを利用することが可能になります。

Walletアプリを素早く起動する方法

一方、クレジットカードの場合はWalletアプリの起動が必須です。ただし、これもSuica同様素早くするための方法があります。

先程と同様に、WalletとApple Payを開きます。

「ホームボタンをダブルクリック」をオンにします。
img_6327

これで、ロック画面表示の際にホームボタンをダブルクリックするとWalletが起動して認証画面に入ることが可能です。

ただし、「指を当てて開く」の設定ををオンにしている方は、ダブルクリック後すぐに指をホームボタンから離さないとロックが解除されてしまい、Walletが開かずホーム画面が表示されてしまいますので注意が必要です。

※iOS10.1で検証

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2