太陽電池でスマホを充電 椅子型シティチャージをスタバ3店舗に導入

161026-a

東京都環境公社がスターバックスに移動可能で店舗でも導入しやすい新型シティチャージをモデル設置することを発表しました。来店客がスマートフォンなどの充電を無料で行うことができます。

キャスター付と椅子型の2タイプを導入

新型シティチャージは、木を多用し店舗の雰囲気に調和したデザインでキャスター付きのタイプA。そして椅子形の小型でも十分な発電が見込まれる宇宙用太陽光パネルを搭載したタイプBの2タイプ。
08_07

タイプAは、矢木コーポレーションと旭硝子、タイプBは、シャープが開発をしています。シャープが開発したタイプBは、背もたれの裏に人工衛星などに採用されている高効率な化合物太陽電池を搭載し、発電した電気は、座面の下に搭載した蓄電池に蓄えられるので、日照量が少ない時でも利用可能とのことです。
161026-a-2

設置期間は設置日より1年間

設置される店舗は、上野恩賜公園店と二子玉川公園店、町田金森店の3店舗。

上野恩賜公園店が10月28日から、二子玉川公園店と町田金森店が11月11日からとなっています。設置期間は、設置日より1年間となっています。

このA、B両タイプは共に太陽光パネルを搭載し、太陽光を身近に感じることができ、外国人旅行者へのおもてなしのほか、非常用電源としても活用可能とのこと。

なお、スマホの充電に必要なケーブルは付属していないとのことなので、Lightningケーブルなどの充電用ケーブルは忘れないように注意しましょう。

Source:東京都,クール・ネット東京,SHARP

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2