NTTドコモがiモード対応機種の出荷停止を発表 2016年11月~12月を目途に

mv_04

NTTドコモが、iモード対応のフィーチャーフォンの出荷を2016年11月~12月を目途に終了することを発表しました。現在の在庫がなくなり次第、販売を終了するとのことです。

らくらくホン(iモード)は当面出荷を継続

今回の発表で明らかになったのは、以下の3点。

  • ドコモケータイ(iモード)は2016年11月~12月を目途に出荷を終了。在庫限りで販売終了。
  • ドコモらくらくホン(iモード)については当面出荷を継続。
  • iモードサービスは今までと変わらず引き続き継続。
  • 理由は部品が生産終了のため

    今回の発表の理由としてドコモ広報は、「現在のiモード端末で利用している部材の一部が、メーカーが生産を終了しており、部材調達のリスクを減らすため」としています。

    今後は、2015年夏モデルより提供しているspモード対応のフィーチャーフォンへの移行を進めていく方針とのこと。

    ひとつの時代が終了…その先には?

    一時代を築いたiモード対応機種の出荷が停止されるということで、少し寂しさを感じるユーザーもいることでしょう。スマホ全盛の時代となっていますが、それでもフィーチャーフォンに愛着があるという方も少なくはないはず。

    そんな方たちにとって、まだspモードでの対応機種があるとはいえ選択肢が少しずつ減ってきていることは確かです。

    これはひとつの世代交代の時期なのかもしれませんね。先日MVNO(格安SIM)の楽天モバイルがフィーチャーホンを発表しましたが、これを機に格安SIMへの乗り換えを検討なんていう方も増えるのかもしれませんね。

    Source:NTTドコモ,ケータイwatch