Apple PayでiD・QUICPayを最速で利用する方法

img_6266

Apple Payが日本で使えるようになってから、コンビニでの支払がとてもラクになりましたよね。

でも、いちいちWalletアプリを開くのが面倒という方。そんな方に素早くApple Payを利用する方法を紹介します。

Apple Payを使うときの一般的な手順

Apple Payにクレジットカードを登録すると、自動的にiDかQUICPayとして追加されます。ただし、iD・QUICPayを利用する際は、通常だと以下の手順が必要。

【Apple PayでiD・QUICPayを利用する通常手順】

  • iPhoneのロックを解除する
  • Walletアプリを起動
  • 利用するカードを選択
  • Touch ID認証
  • リーダーにかざす

 

コンビニなどでいちいちこの手順をするのは、結構面倒。でも、この面倒な手順をショートカットする方法があります。

Apple PayのiD・QUICPayを最速で利用する方法

Apple Payを利用するときに、この設定をしておけばロック画面でホームボタンをダブルクリックするだけで、Walletアプリを起動挿せることができます。

1.「設定」から「WalletとApple Pay」をタップします。

img_6409

2.WalletとApple Pay内の「ホームボタンをダブルクリック」をオンにします。

img_6408

あとは、ロック画面でホームボタンをダブルクリックするだけ。

これだけで、一瞬でWalletアプリを開くことができるようになります。あとは、Touch ID認証をしてリーダーにかざすだけ。

img_6406

Apple PayでiDやQUICPayを利用する方は、是非お試し下さい。

※iOS10.1.1で検証

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2