「タッチ病」に対応 AppleがiPhone6 Plus Multi-Touch修理プログラムを発表

_rtm0897_tp_v

iPhone6 PlusのMulti-Touch修理プログラムをAppleが発表しました。

これは、iPhone6/6 Plusで発生している「タッチ病」と呼ばれる不具合に対処したものとなります。

タッチ病とは?

「タッチ病」はiPhone6/6 Plusにおいて発生しているといわれているもので、画面の一部がチカチカしたりMulti-Touchが反応しなくなるというもの。

Appleによると、この症状は表面の固い場所にiPhoneを何度も落とした後、何らかの衝撃や圧力が加わったときに起こるとのことです。

この症状は、iPhone6でも発生しているとみられていますが、今回発表されたプログラムでは、iPhone6 Plusのみが対象となっています。

プログラム内容と手続き方法

iPhone6 Plus Multi-Touch修理プログラムは、この「タッチ病」が発生してるiPhone6 Plusを14,800円で修理がすることができます。

なお、すでに修理をしてしまった場合には、その際の修理代金と14,800円の差額が返金されるとのことです。

修理の条件は以下のとおり。
・iPhone6 Plusのみ対象
・当該症状以外の機能が正常に動作していること
・画面にヒビが入ったり割れたりしていないこと

修理の受付は、以下のいずれかの場所で手続きをすることができます。
・Apple正規サービスプロバイダ
・Apple Store直営店
・Apple テクニカルサポート

また、この修理プログラムはiPhone6 Plusを購入した国でしか受けることができないのでご注意下さい。

Source:iPhone6 Plus Multi-Touch 修理プログラム – Appleサポート

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2