もしもの自動車事故の時、ワンタッチでサポートセンターに「つながるボタン」

ss-1

どんなに気を付けていても、避けられない自動車事故ってありますよね。

滅多にないことだからこそ、事故後は何をしたら良いか混乱して焦ってしまうもの。

 

「つながるボタン」は、万一の事故の時に押すことで、サポート窓口へスマホから電話をかけられるIoTデバイス。

これは、セゾン自動車火災保険の自動車保険サービス「おとなの自動車保険」のユーザー向けに2017年7月以降に提供される新サービスで、スマホとBluetooth接続することで利用できる。

電話をかけるだけでなく、ユーザーの契約情報あるいは事故現場の情報を同時に伝えることができるので、事故時の「本人確認」などの煩わしさが軽減されそうですよね。

また、「つながるボタン」には加速度センサーが組み込まれていて、衝突の大きさや経過時間によって、ユーザーが登録した携帯電話へ連絡したり、警備会社「ALSOK事故現場サポート」などのサービスを提供してくれるとのこと。

ss-2

 

サービスについて動画でも紹介されています。

http://faq.ins-saison.dga.jp/car_h/otona/faq_detail.html?cid=WHP001&id=16137&category=40

 

 

 

Source:お知らせ|セゾン自動車火災保険