iPhoneの容量が足りない!そんなとき効率的に容量を空ける方法

st00

iPhoneを使用していてiOSのアップデートや新しいアプリをインストールしようとした時に『ストレージの空き容量が足りません』という表示が出たことはありませんか?

そんな時は、iPhoneはAndroid端末と違い、SDカードなどの外部ストレージの使用ができないので現在端末に保存されているデータを削除して容量の空きを作ってあげなくてはなりません。

どのアプリがどれくらいの容量を使用しているのかを調べながら、使用していないアプリで容量の大きいものから削除していくと効率的にストレージの空きを確保することができます。

アプリ容量を確認しながら削除する方法

1.設定をタップします。
st01

2.一般を開きます。
st02

3.使用状況をタップします。
st03

4.ストレージ欄のストレージを管理をタップします。
st04

5.各アプリが使用しているデータ量が表示されます。
st05

アプリの削除は容量を確認しながら効率的に

一覧でアプリの容量を確認しながら、削除が可能なので効率的にストレージの整理ができます。

▼一覧の中で削除したいアプリをタップするとそのまま削除することもできます。
st06

iPhoneのストレージは増やすことができないので、限りあるストレージを有効に使用する為にも定期的な整理をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>