スーパーマリオラン 配信開始4日で全世界4,000万ダウンロードを突破!!

ss-7

2016年12月16日(太平洋標準時)に配信が開始された『スーパーマリオラン』ですが、配信開始より4日間で全世界4,000万ダウンロードを突破したと任天堂が発表しました。

スーパーマリオランは、150の国と地域のApp Storeからダウンロードが可能で、140の国と地域のApp Store無料ゲームランキングで1位となり、全世界100のApp Storeで収益を上げたゲームトップ100に入ったとのことです。

1200円は高すぎるとの声も・・・

スーパーマリオランは、「ワールドツアー」「キノピオラリー」「王国づくり」の3つのモードを搭載。

無料でもゲームの一部をプレイすることが可能となっていますが、全モード、全ステージをプレイするには1200円の課金が必要となっています。

App Storeのレビューをみてみると、この1200円を高すぎると感じるユーザーの声も相当数あり、星1つが数多くみられる結果となっています。

追加コンテンツの配信はなし!?

また、任天堂はWall Street Journalに対し、今後新たなコンテンツを配信する予定がないことを明かすなど、少し残念なニュースも。

スマホゲームという性質上、1200円が高く感じるというのはあるのかもしれませんが、今後ステージが追加されるなどのことであればまた違った反応も見られたかもしれないのに・・・なんて思ってしまいますが。

またこのプレスリリースの中で、任天堂の宮本茂氏は以下のようにも語っています。

「全世界の多くの方々に新しいマリオをお届けできたことを、大変嬉しく思っています。購入して得られる内容を十分に理解いただくには、もう少し時間が必要かもしれませんが、購入を決めていただいた方が徐々に増えていることを実感しています。今後はさらに多くの方に、片手で遊べるマリオの魅力を感じていただき、お子様にも安心して与えていただけるゲームとして、幅広く受け入れていただくことを目指したいと思います。」

とはいえ、マリオが1200円で遊べるというのは考え方によっては安いのかもしれませんね。

Source:任天堂Wall Street Journal

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2