「酔い具合」と「シラフになるまで」を可視化するウェアラブルデバイス

proof%e9%82%83%ef%bd%a2_1-1

お酒の「飲み過ぎ」を防いでくれるウェアラブルデバイスが登場しています。

ブレスレット型のデバイス「Proof」は、装着しているだけで皮膚から血中のアルコール濃度を検知して、飲み過ぎる前にスマホに通知してくれたり、お酒が抜けるまでの時間まで計算してくれる賢いスグレモノ。

proof%e9%82%83%ef%bd%a2_wristband

専用アプリでは、あらかじめ設定した血中アルコール濃度に達すると警告したり、これからどれくらい酔っ払うかなどが確認できる。

さらに、いつ安全に運転できるかを予測する機能も備えているとのこと。

また、フレンド機能によって、招待を承認した相手の血中アルコール濃度を確認することもできるようなので、パートナーや友達の「酔い過ぎ」防止に役立ちそう。

Print

 

Proofは、2017年にクラウドファンディングキャンペーンを実施する予定で、価格は100ドル~150ドル程を想定しているとのことです。

 

Source:GIGAZINE , Proof Wearable

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2