ワイモバイルがAndroid Oneスマホの第2弾「S1」「S2」の2機種を発表

s1s2ymob

ソフトバンク株式会社および株式会社ウィルコム沖縄は、ワイモバイルの新商品として、Android Oneスマートフォン「S1(エスワン)」と「S2(エスツー)」の2機種を、2017年2月下旬以降に発売すると発表しました。

Android Oneってなに?

Android Oneは、Googleとさまざまなメーカーが協力し、最新のAndroid OSが利用できるスマートフォン。

Android Oneとして発売される端末には、以下の条件があります。

  • 発売より18カ月間のアップデート保証
  • セキュリティーアップデートを発売から最低2年間毎月実施
  • インターフェースはAndroid標準のものを使用

 

Googleが端末の開発や販売に関わっているNexusシリーズと比べ、端末の製造や販売などをメーカーが設計できるため、おサイフケータイや、防水機能など、販売する国に合わせた設計をすることができるのが特徴となっています。

IGZO液晶搭載で3日間の利用が可能

シャープ製のS1は、省電力技術に優れたIGZO液晶を搭載。またインカメラには、有効画素数約800万画素のカメラを搭載し、高精細な自撮りができるのが特徴。

02_pic_011

またバッテリー容量は、2,530mAhでIGZO液晶と組み合わせることで3日間を超えても利用ができるという、長時間駆動を実現。

そして、あらゆるシーンで利用できるように防水(IPX5/IPX7)・防塵(IP6X)にも対応。

安心の耐衝撃性能と防水・防塵機能

京セラ製のS2は、米国国防総省基準MIL-STD-810Gにおける基準に準拠した耐衝撃性能と、防水(IPX5/IPX7)・防塵(IP5X)に対応しているのが特徴。

03_pic_011

耐衝撃性能と、防水・防塵機能が搭載されているので、雨の日にポケットやバッグから落としたりしても安心して利用できるとのこと。

また、濡れた手や手袋をつけた手でも操作ができるタッチパネルディスプレーを搭載しているため、あらゆるシーンで利用することが可能です。

Source:ソフトバンクプレスリリース