AirPodsの紛失も怖くない!?「AirPodsを探す」機能がiOS10.3Betaに搭載!

findairpods1

日本時間1月25日未明に開発者向けにiOS10.3Betaが公開されました。

そのiOS10.3では「AirPodsを探す」機能が搭載されていることが判明しました。米メディアMacRumorsでは、その「AirPodsを探す」の利用シーンを動画で公開しています。

利用するにはBluetooth接続が必要

「AirPodsを探す」機能は、従来よりある「iPhoneを探す」の中に搭載されるようです。

「iPhoneを探す」を起動すると、表示される製品一覧の中にAirPodsが表示されます。

findair1

画面内の地図に、AirPodsの現在位置が表示されますが、AirPodsの現在地を検出するためにはiPhoneとのBluetooth接続が必要なため、AirPodsを落とした場所から離れてしまっている場合には、最後に検出された地点が表示されるようになっています。

また、「AirPodsを探す」を利用するには、AirPodsが充電ケースから取り出されている必要があるため、充電ケースに入れたままなくしてしまった場合には、この機能が使えないという点にも注意が必要です。

AirPodsから音を鳴らして探すことも

また、iPhone上で操作することによって、AirPodsから音を鳴らすことも可能です。

findair2

家の中に置いておいたら、見つからなくなったなどの場合に利用すれば、AirPodsを探しやすくなりそうですね。

ただし、前提条件としてiPhoneとのBluetooth接続されていることが必要なので、この機能はあくまでもAirPodsが身近にあるのに見つからないという場合にのみ有効になりそうです。

 

Source:MacRumors

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2