これで格安SIMが使いやすくなる!?総務省が格安SIMの通信速度公開を提供事業者に要請の方向へ!

UNI_MONV15002722_TP_V

これからは、もう少し格安SIMへの乗換がわかりやすくなりそうです。

格安SIMや格安スマホに興味があるという方は多いと思います。料金も、ドコモなどの大手3社だと月間約7000円程度かかるものが、月間2000円台で利用できますからね。

けれど、料金は安くなっても肝心の通信速度がどれくらいになるのか分からなくて、なかなか乗換に踏み切れない。という方も被いのではないでしょうか?

日本経済新聞によると、総務省が格安スマホの普及を後押しするため、事業者に通信速度の開示を2017年度にも求めるようになるとのことです。

 

事業者間で10倍以上の差も

格安SIMの通信速度は、事業者が利用している設備や借りている帯域によって変動します。

スマサポ内でも以前ご紹介したとおり、提供事業者によって数字が大きく変わるというのが実態。民間調査によると、この通信速度は速いところと遅いところでは10倍以上の開きがあるとのこと。

これでは、なかなか乗換に踏み切れないユーザーがいても不思議はありません。いくら月々のコストが減っても、通信速度が遅すぎて使い物にならないのでは本末転倒ですからね。

今回の総務省の対応は、こういった背景を鑑みてのことなんでしょうね。

 

大手3社と同じ測定基準での公開を

ドコモなどの大手3社は、すでに総務省の要請を受けて全国1500カ所で通信速度の測定をし、ホームページで公開しています。

格安スマホの通信事業者にも、測定場所の数は減らす方針であるものの、ほぼ同じ測定基準で通信速度を公表するように求める方針とのことです。

今までは、実際に使ってみないと分からなかった格安SIMの通信速度。これが、公開されれば格安SIMへの乗換がさらにスムーズになりそうですね。

 

Source:日本経済新聞

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2