USB Type-C 今までのUSBと違う5つの特徴

usbc

今年4月に発売された新型MacBookにも搭載されているUSB Type-C。
これから様々なデバイスに搭載されるようになりそうです。

ところでこのUSB Type-Cって一体どんなものなんでしょう?

USB Type-C 5つの特徴

今までのUSBと違い裏表がなくなりました

アップルのLigthningケーブルのようにどちらからでも差し込めます。

データ転送速度が最大10Gbpsに

従来のUBS3.0が最大5Gbpsだったので、その分データの転送速度が速くなりデータ移動の待ち時間が減ります。

動画も転送可能に、しかも双方向での通信が可能

USB Type-Cを使用すればHDMIやDisplayPortなどの動画専用ポートを使用しなくてもよくなります。
また双方向での通信が可能な為、動画をスマホからPCへだけでなく、PCからスマホへ転送ということも可能になります。

電力の供給も可能

最大100ワットの給電が可能です。
USB Type-Cをコンセントに繋げば、PCの充電もできちゃいます。

小さいです

今までのUSBと比較しても格段に小さくなっています。
なのでタブレットやスマホにも搭載可能です。
今まで使用していたMicroUSBやLightningケーブルはこの先必要なくなるかもしれません。

まとめ

USB Type-Cは電源・USB・ディスプレイ・VGA・HDMIの5つの役割を1つのケーブルで行うことができてしまう新しい規格のUSBです。

ケーブルがひとつで済むので、このポートを搭載したデバイスは、以前よりも段違いのすっきりとしたインターフェースを採用することが可能になります。
その為現在スマホで使用されているMicroUSBなどが今後このUSB Type-Cに変わっていくという可能性も高いです。そうなれば、ケーブル1本でスマホとPCの両方を充電可能になるのでバッグの中もすっきりですね。

また映像などを出力するときも、今までだったら電源ケーブルとHDMIケーブルとUSBケーブルを常に持ち歩かないとならなかったというような場面でも、これからはケーブル1本持ち歩けば殆どの作業が済んでしまうというメリットもあります。
そしてデータ転送速度は従来の2倍に。

USB Type-Cは今までではできなかったことを可能にする、USBの新しい規格です。

とはいえ新型MacBookにはあと1つくらいはポートを搭載して欲しかったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>