IPAを名乗るメールがウイルス添付で出回っています。IPAが注意喚起

ipa00

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、7月17日IPAを名乗る不審なメールが出回っていることを確認したという内容の注意喚起を行いました。

出回っているメールにはウイルス感染を目的とした添付ファイルがついているため、安易に不審メールを開かないよう注意を促しています。

添付ファイルを展開するとウイルス感染

そのメールはIPAからのメールニュースを装っており、Microsoft製品やAdobe製品に関するセキュリティ対策情報が用いられた内容で、メールには本来のメールニュースには存在しないはずの圧縮ファイル(.zipファイル)が添付されていたとのこと。

この添付したファイルを展開するとショートカットファイル(.lnkファイル)が現れ、ウイルス感染を目的とするファイルということが確認されたということです。

メールの件名と本文はIPAが公開している実在のウェブページを元に作成され、添付ファイルの開封を促す文面になっています。

偽メールの特徴は?

・送信元がフリーメール
・本来のメールニュースには無いはずの「添付ファイル」がある

以上の2点が不審なメールの特徴。

普段IPAのメールニュースを利用していない人には、本来IPAからのメールニュースは届かないということ。
そして、IPAが提供するメールニュースには添付ファイルは存在しないということです。

添付ファイルがある場合は偽メールの可能性が高く、HTML形式の場合は本文内のリンクがマルウェア感染を目的としたサイトへ
誘導される場合があるので、クリックしないよう呼びかけています。

Source:情報処理推進機構

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>