民放5社連携の無料見逃し配信サービス「TVer(ティーバー)」が今年10月配信開始

tver01

7月16日に在京民放5社(日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョン)が民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」を今年10月にサービスを開始すると発表があった。
同日よりティーザーサイトがオープンされている。

パソコン、スマホでテレビ番組が視聴可能

TVer(ティーバー)は見逃してしまったテレビ番組をパソコンやスマホで視聴することが可能。
利用料は無料で広告つきでコンテンツが配信される。利用可能デバイスはパソコン、スマートフォン、タブレットの各端末で試聴が可能。テレビでの利用に関しては公表されていない。今後の対応が期待されるところだ。

配信コンテンツは各社放送中のドラマやバラエティジャンルを各社10番組程度を予定。放送終了後から次回放送までの基本1週間程度の期間試聴することができるようになる。

どうしてTVer(ティーバー)という名称なのか

この「Tver(ティーバー)」という名称の由来としては、以下のとおり。

ユーザーの誰もが、場所や時間の制約から解放され、もっと自由に、もっと自分に合わせてテレビ番組を楽しめるようになります。そんな新しいスタイルでテレビを視聴する人たち(=TVer)が世の中にどんどん増え、テレビをこれまで以上に楽しんで頂きたいという願いを込めてつけました。

現在テレビのみで配信されているコンテンツをパソコンやスマホなどで利用可能にしたり見逃し配信を行うことで、違法動画配信の撲滅にもつなげるという側面もあるということ。

Source
TVer ティーザーサイト
プレスリリース(PDF)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>