Vista以降の全OS対象Windowsに深刻な脆弱性マイクロソフトから緊急パッチが発表

wu00

本日7月21日、マイクロソフトからWindowsの深刻な脆弱性を修正する緊急パッチが発表されました。
これは今すぐにアップデートすることを推奨する最高レベルのもの。

脆弱性の内容は主にフォントに関するもの。
この影響を受けるのはWindows Vista以降のすべてのOSが対象。

マイクロソフトの発表によるとこの脆弱性について以下のように述べている。

「ユーザーが特別な細工がされた文書を開いたり、埋め込まれた OpenType フォントを含む信頼されていないweb ページにアクセスすると、リモートでコードが実行される可能性があります。」

これらのことが実行されると、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、などが勝手に行われたり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成されてしまったりする可能性があるとのこと。

簡単にいうとPCがそのまま何者かに乗っ取られてしまう可能性があるということに。

更新プログラムのダウンロードはこちらから可能。
できる限り迅速な対応をおすすめします。

Source
マイクロソフト

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>