NICTゲリラ豪雨を30秒毎に検出するスマホアプリを公開

d00

情報通信研究機構(NICT)は世界最先端のフェーズドアレイ気象レーダを使用したAndroidアプリ「3D 雨雲ウォッチ~フェーズドアレイレーダ~」を7月21日に公開した。
30秒ごとの降雨分布図を3Dアニメーションで提供するほか、30分以内の豪雨予測をプッシュ通知で知らせてくれる。

このアプリはMTIとNICTの共同研究により作成され、実証実験として2015年10月30日までの約3ヶ月間無料で公開される。iOS版は8月以降公開予定。

最新のフェーズドアレイ気象レーダが最新の情報を通知

今まで研究対象として活用されていた「フェーズドアレイ気象レーダ」の最新機術を用い年々増加するゲリラ豪雨の情報をもより短時間、より高い精度でユーザーに知らせる為に開発された。

雨雲の中の様子を3D描画で高速表示する技術を使用し、スマホを使って上空の雨粒の様子を30秒毎にリアルタイムで描画することが可能。このレーダ用いることにより従来の気象レーダでは5分以上かかっていたゲリラ豪雨などの3次元観測が、30秒毎という頻度でかつ高精度の観測を可能にしている。

d01
▲雨雲の3Dアニメーション。上空から(左)と斜め上から(右)の視点

d02
▲ゲリラ豪雨に関する基本知識や対策情報も掲載されている

なおこのレーダは現在全国3ヵ所で稼働中(大阪・神戸・沖縄)。今回はそのなかの大阪大学吹田キャンパスに設置されたレーダの観測範囲である大阪府、兵庫県、京都府、奈良県の一部の地域で観測が開始されている。その為現在このアプリを利用できるのは関西地域限定となっている。

これが全国的に利用できるようになれば近年の突発的な気象の変化による災害防止にもつながるだろう。

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>