Windows10新ブラウザMicrosoftEdge新機能まとめ

edg00100

先日正式リリースとなったMicrosoft社の新OSであるWindows10。
この新OSでは既定のブラウザがInternetExplorerから新ブラウザMicrosoftEdgeへと変更になった。

この新しいブラウザは一体何ができるのか?
その新機能をまとめてみた。

・ブラウザ上で手書き入力が可能なWebノート

ブラウザ上に手書き入力が可能に。
たとえば、GoogleMapに待ち合わせ時刻を手書きメモして仲間と共有したり、落書きを子供と楽しんだりと様々な用途で利用可能に。
Windows10 MicrosoftEdge 新機能Webnoteとは?
webnotenuritsubushi

・必要な情報をいつでも好きなときに。リーディングリスト

あとで読みたいと思った記事などをリーディングリストに保存しておくだけで、電車の移動中や週末の時間の余裕のあるときなどの好きなときに記事の閲覧が可能。

・シンプルなレイアウトで記事内容に集中できるReadingView

余計な画像や広告を一切なくし、シンプルですっきりとしたレイアウトで記事に集中することができるReadingView。必要に応じてフォントやスタイルの変更も可能に。
Windows10 「MicrosoftEdge」新機能Readigviewとは
rve

・閲覧履歴を残さないInPrivateブラウズ

公共のパソコンや共同のパソコンを利用するときに便利なInPrivateブラウズ。
これを使用すれば自分の閲覧履歴などが残らないので公共のパソコンでも安心して利用可能。
Windows10 Microsoft EdgeでInPrivateブラウズを使用する方法
02

今までのInternetExplorerでは体験することのできなかったこれらの機能が新しく追加され、
より様々な場面やニーズに対応できるようなつくりに生まれ変わっている。
より簡単に、より使い易くなった新しいブラウザEdge。
今後どのように進化していくのか期待したい。

こちらも合わせてどうぞ
InternetExplorerからのお気に入りのインポート方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>