iPhone標準のマップアプリで自分の居場所を友達に伝える方法

ipm00

どこかで友達と待ち合わせをしているときに、相手に自分の居場所を伝えるのって結構難しいですよね。土地勘のある場所ならいいですが、初めて行くような慣れていない場所だと「○○の前の道を左に曲がって・・・」とか説明してもなかなか伝わらなかったりします。

そんなときには、相手に自分の居場所を地図つきで送付してしまいましょう。
特別なアプリなどを使わなくても、iPhoneに最初から入っているマップアプリで使用できる方法です。

マップアプリで現在地を相手に送る方法

マップを開きます。

画面左下にある矢印のマークで現在地を表示させます。
ipm01
▲現在地の青い丸をタップすると住所が表示されます。

右上の共有マークをタップします。
ipm02

メッセージやメールで送信、Twitter、Facebookのアイコンが出るので選択すると現在地のマップを相手に送付することができます
ipm03

メッセージをしようするとこのように地図とメッセージを送信することができます。
ipm05

現在地だけでなくどこか目的地を表示させて相手に送付することもできるので、待ち合わせの時などに
この機能を使用し相手に地図を伝えておけば、どちらかが待ちぼうけということも少なくなるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>