ネットスラング(=インターネットの隠語)【初級編】

3

 

たくさんの人と情報が交わるインターネットには、新しい言葉が生まれやすい。

インターネットに触れる機会が多いと自負する私も、意味がわからない言葉がたくさんある。

 

というわけで、ネットスラング(=インターネットの隠語)初級編をまとめてみました!

 

 

チラ裏 (チラシの裏にでも書いておけの意。だが、片面印刷のチラシは少ない。)

ポチる (ネット上の通信販売で商品を購入すること。タイムボカンシリーズの「ポチッとな」が由来とも。)

オワコン (終わったコンテンツ。一時的なブームが収束したものを短絡的に否定するネットスラング。)

ステマ (ステルスマーケティングの略。消費者に広告だとばれないように広告する宣伝工作のこと。)

リア充 (現実の世界が充実している状態、または人物を指す。恋人がいる人を指すことが多い。)

KY (空気読めない “Kuuki Yomenai”の意。)

 (”warai”、”笑”の略。日本語変換ができない時代のインターネット通信時代の名残とも。)

誰得 (”誰が得するんだよ?”の略。意味不明で理解できないときにつぶやかれる。)

胸熱 (”胸が熱くなるな”の略。新しい文化や世の中の変革を目の当たりにしたときに使われる。)

壁ドン (少女漫画などで見かける、壁際に追い詰めて命令口調で迫るシーンのこと。または隣人への抗議のため、壁をドンッと叩く行為。)

 

例文:

ステマポチる人はいっぱいいたのかな?」

リア充でも滅多にしない壁ドンブームは、結局、誰得だったんだろうね。」

 

 

いかがでしたか?

一度は見覚えがある、または耳にした言葉があったのでは!?

 

以上、今日から使えるネットスラング講座でした!

 

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>