Firefox40.0リリースでWindows10に正式対応

ff4001

8月11日(現地時間)にMozillaはFirefoxの最新版40.0をリリースしたと発表しました。
これによりWindows10に対応するようになりました。

公式サイトから最新版をダウンロードするか、自動更新で最新版を入手することができます。

Firefox40.0のおもな新機能は以下のとおり。

  • 望ましくない可能性のあるソフトウェアに対するダウンロードの保護
  • 戻るボタンもしくは進むボタンを長押しすると、履歴が表示されるように(Android版)
  • Windows 10 をサポート
  • タイルのサジェスト機能が実装
  • アドオンマネージャのデザインが変更され、設定画面を同じウィンドウ内で表示するように
  • GNU/Linux:非同期アニメーションにより、CSS アニメーションがよりスムーズかつ信頼性の高いものに
  • グラフィックブロックリストが改善され、Firefox のバージョンを範囲で指定できるように

 

その他にもMozillaによって署名されていないアドオンに対して警告が表示されるようになったり、開発ツールの改良なども行われているということです。

Firefoxを起動すると、標準のブラウザにするかどうかのアナウンスがでます。
Mozillaが7月にMicrosoftがWindows10で標準ブラウザを「Edge」に設定したとして苦言を呈していたのを思い出します。

ff4003
▲Firefoxを起動すると既定のページに設定するかどうか聞かれます。今後のEdgeとのシェア争いも気になるところです。

Windows10に対応したことによって、Firefoxのタブやアイコンのデザインも改良されているということです。

以前からWindows10での仕様はできましたが、今回はMozillaが正式にWindows10対応を謳ったものとなっています。また、Windows10のデザインに合わせてアイコンなどのデザインを改良しているということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>