スマホの”ハマグリ現象”にご用心!

2015-08-28 10.49.27

ずいぶん前のスマホを、久しぶりに起動してみた時の話。

数年振りに日の光を浴びたiPhone3GS、当時の強烈なインパクトは懐かしさに変わっていました。

手にとった感触や画面の解像度に、現在の端末の進化を実感。
反面、大画面化が進む現在と比べ、この小振りで丸みを帯びたホールド感が妙にしっくりくる。

会社のメンバーもみんな懐かしがっていたので、しばらく社内でお披露目会を継続。

 

そして数日後、

2015-08-29 10.39.58

こんな状態に…

 

よく見ると、バッテリーが膨らんでいる様子。

2015-08-28 10.49.27 (2)

 

Google先生に尋ねてみると、これは”ハマグリ現象”といわれる有名な(?)現象らしい。

screenshot.2
Google画像検索:”ハマグリ現象”

iPhone3GSが多い気がするけれど、iPhone5や5cでも起こっているようです。

 

確かにバッテリーの膨張はよく聞く話。
スマホにも起こって当然ですよね。

 

バッテリーが急激に膨張してしまうのは、「熱」と「劣化」が原因とのこと。

これらを避けるために、「なるべくしないでね」とされているスマホの取扱方法は、
普段よく目にする光景でした…

 

× 長時間充電(就寝時充電)

× 車内放置や、ゲームなどの長時間使用

× 充電しながらの使用

 

はい、すべてが毎日のルーチンでございます。

皆さんはいくつ当てはまりましたか?
本体が熱い=バッテリーにダメージを与えていると考えていいかもしれません。

但し、熱を持ってしまったからといって、急激に冷やすのはNGです!
結露が発生してしまうので、故障の原因となります。自然に冷えるのを待ってくださいね。

特にXperiaなどの防水端末は、密閉性が高いので注意が必要ですよ!
(過去記事:防水スマホの”水没”にご用心!

 

今回の膨張は、古い端末でバッテリーが劣化していたことと、
充電に伴う発熱が原因だったのではと推測しています。

しかし突然の変わり様には驚きました…
本記事のネタとして頑張ってくれたiPhoneに感謝したいと思います。

 

最後に。
膨張前に熱や異臭などは無いとのこと。
しかし、膨張によって液晶が押し上げられることで起こる画面の滲みや、
本体の外周にスキマを発見した際は、予兆だと思ってもいいかもしれません。
古いiPhoneをiPod利用している方、特に小さいお子様専用機になっている方はご注意を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>