【まさか!?に慌てない】スマホの写真や動画を自動バックアップ~Android編①~

screenshot.1

昨日未明より、大手クラウドサービスのDropboxが障害により繋がらなくなる事象が発生したようです。
本記事の執筆時には復旧しているようで、私のアカウントには問題なく接続できました。

いつもお世話になっているからこそ、よりかかりっぱなしは怖いですよね。

 

良い機会なので、今日の朝はスマホのバックアップについてふれてみたいと思います!
スマホのバックアップ設定を行っていない方は、是非ご一読を!

 

写真や電話帳、アプリの設定など、”消えてしまったら困るもの”がスマホには詰まっていますよね。
これらのデータのバックアップを行っていない場合、スマホの紛失や故障の際に全て消えてしまいます。

私は写真や動画をたくさん撮るので、消えてしまったら困るデータもたくさんあります。
特に屋外で手持ち撮影が多いので、危険もいっぱいだったりします。
(先日も花火を撮っていた際、落下によってガラスが割れました…)

 

そんな時、便利なのがクラウドサービス。
インターネット上にデータを保存することができるサービスです。
冒頭のDropboxも、日本では”超”がつくほど有名なクラウドサービスです。

このクラウドサービスには、撮った写真を自動でバックアップしてくれる機能があります。

 

 

Androidをお使いの方向けに、まずご紹介したいのは、“Google+”へのバックアップ

Googleはご存知、Androidの開発元。
いわゆるメーカー純正のバックアップともいえる安心感と、導入のしやすさがポイント。

設定の方法は至って簡単。

①標準でインストールされている”Google+”を起動
2015-08-30 18.18.48

 

②自動バックアップを”ON”にします。
これだけで、撮った写真は自動的にバックアップされます。
2015-08-30 18.13.55 2015-08-30 18.14.03-2

 

③バックアップされた写真は、同じくインストール済みの”フォト”から見ることができます。
2015-08-30 18.39.01

 

④もちろんパソコンからも見ることができます。(Googleアカウントが同一でログインしている必要があります。)
Googleフォト:https://photos.google.com

screenshot.2

 

⑤写真のサイズとバックアップ時のネットワーク環境の設定
2015-08-30 18.14.03 2015-08-30 18.14.36 2015-08-30 18.14.43

写真サイズは、”標準サイズ”であれば無制限、”フルサイズ”だとアカウントの容量分まで使用できます。
ネットワーク環境は、”Wi-Fi経由のみ”がおすすめです。
モバイルネットワークを使ってしまうと、大量の写真を撮った時に通信制限がかかってしまう恐れがあります。

 

 

これだけの設定で、撮った写真や動画は、Wi-Fi環境に入ると同時に自動的にバックアップされます!

 

私はバックアップ用途として、他に2つのクラウドサービスを利用しています。
それぞれ他にはない長所があるので、次回は他のクラウドサービスもご紹介していきますね!

 

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>