Googleで確認できる、「あなたの検索や閲覧履歴」[1/2]

10_privacy1_450

 

入力した検索ワードインターネット閲覧履歴

Googleでは、ログインしている際に行った検索や閲覧の履歴をもとに、ユーザーにあった情報を提供してくれています。

 

さて、この履歴の管理、皆さんはしっかり行っていますか?
Googleが保存している情報を確認したり、履歴保存のON/OFF切り替えができるのをご存知でしょうか?

例えば、1週間前に行ったインターネット検索の検索ワードや検索結果
例えば、2週間前のYoutube視聴履歴
例えば、3週間前の音声検索の声
例えば、4週間前に訪れた場所

 

今回は特集として、Googleに提供している、またはすることができる、皆さんの行動履歴とその確認方法について、2回にわけてふれてみたいと思います。

 

 

※ 今回の履歴の保存や確認は、パソコンやスマートフォンでGoogleにログインしていることが前提となります。

 

 

まずプライバシーポリシーから。
Googleの情報収集の目的は、ユーザーにあわせた利便性を提供するため。

Google – ポリシーと規約 – プライバシー ポリシー

screenshot.2

 

 

Googleは、「Google がユーザーの個人情報を販売することはありません。」としています。

Google – プライバシーとセキュリティについての回答

screenshot.3
あくまでも関連性の高い広告表示に役立てるためであり、これによって我々は無料で様々なサービスを享受できていることを忘れないで下さい。

 

 

 

それでは、保存されている履歴を確認してみましょう。

 

アクティビティ管理 – アカウント設定

screenshot.4

 

 

『検索や閲覧のアクティビティ』から「履歴を管理」をクリックします。

screenshot.5

検索履歴とその結果が一覧で確認できます。

びっくりするくらいの過去の検索履歴まで遡ることができます。

 

 

データ提供のON/OFFは、アクティビティ管理のページから切り替えが可能です。

screenshot.4-2

 

 

 

今回はここまで。

次回もお楽しみに!

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>