iOS9リリース!便利な新機能20個まとめ【iPhone編】

ios9h

本日9月17日、iPhone6s/6s Plusの発売よりひと足早くリリースされたiOS9。
見た目に派手なアップデートは少ないが、地味ながらもユーザビリティをしっかりと考慮した内容となっている。その新機能は以下のとおり。

iOS9新機能

1.『メモ』の進化
iOS9ではメモに写真や手書きスケッチを挿入することができるように。これまでの『ただのメモ』から『視覚的にもわかりやすいメモ』を作成することが可能に。

memo

 

 

 
2.『マップ』の進化
交通機関ビューが追加され、地下鉄などの公共交通機関の乗り換え案内を検索することが可能に。ただし、現在この機能は日本では未対応。早期の対応き期待。
また、今自分がいる周辺のお店や施設の検索も可能に。「食べる」「飲む」「買い物」「遊ぶ」などのカテゴリーから検索可能。

mapnihon

▲現時点では日本での利用はできない

 
3.Siriがより賢くなった
Siriの言語理解能力が強化され、気になるスポーツの結果や天気予報、撮影場所や日時情報からの写真検索、リマインダーへの音声入力が可能に。

remaind

▲リマインダーへSiriからの登録が可能

baseball

▲「野球結果を」とSiriに聞いたらMLBの結果が。日本のプロ野球は対応していない模様。

4.マルチタスクのUIを刷新
今までの平面のものから、カードがくるくると回るような立体的なデザインになっている。

ui

 

 

 
5.通知センターの通知が時系列に
これまでの通知はアプリごとに表示されていた。しかし、それだと消し忘れた古い通知と新しい未読の通知が混在し非常に使いづらかった。
今回時系列順に通知が表示されるようになったことで、通知の見逃しが軽減するように。

tuuchi

 

 

 
6.キーボードのUIが刷新し使いやすく
英字キーボードをよく利用する人には嬉しいアップデートがこれ。Shiftキーを押しているかどうかが判別しやすくなった。
Shiftキーを押していると、アルファベットキーが大文字に。

dai
Shiftキーを押していないと、アルファベットキーは小文字表示に。大文字、小文字の判別がすぐにできるので凄くわかりやすい。

sho

 

 

 
7.Spotlightは検索以外も可能に
Spotlightといえば、iPhone内のデータやWebの検索という使い方が定番だった。しかし、今回のアップデートで「単位計算」や「通貨変換」が可能に。

kawase

 

 

 
8.動画撮影時の解像度や画質の設定が可能に
ビデオ撮影やスローモーション撮影時の画質とフレームレートが選択できるようになった。各モードの選択可能な画質とフレームレートは以下のとおり。

video

 

ビデオ撮影
「720p HD/30 fps」「1080p HD/30 fps」「1080p HD/60fps」の3種類の中から。
スローモーション撮影
「720p HD/120fps」「720p HD/240 fps」の2種類から選択可能。

 

 

 
9.自動ロックが30秒から可能に
これまで1分からだった端末の自動ロックが30秒から実行可能になった。ロックをし忘れて置きっ放しのiPhoneの中身をのぞき見されるリスクがより軽減されるかも。

lock

 

 

 
10.シェイクで取り消しを無効化することが可能に
iPhoneを振りすぎてしまって勝手に「シェイクで取り消し」が動いてしまうという人は、この機能を無効にすることで煩わしい思いをすることがなくなるようになった。
「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「シェイクで取り消し」でオンオフを切り替え可能。

 

 

 
11.iPhoneとApple Watchのバッテリー状況がウィジェットで確認可能に
iPhone本体とApple Watchをペアリングしている場合、そのバッテリーの残量を表示されるウィジェットが追加された。いちいちApple Watchのバッテリーを気にする必要もなくなるかも。

battery

 

 

 
12.Safariのデスクトップ表示切替がワンタップで
共有から
共有を呼び出し、その中にある「デスクトップ用サイトを表示」をタップするとデスクトップ表示に切替可能

desk

 

更新ボタンの長押しから
Safariの更新ボタンを長押しすることによって、「デスクトップ用サイトを表示」を呼び出すこともできる。

nagaoshidesk

 

 
13.低電力モードが追加
PCやApple Watchではおなじみの機能だが、iPhoneには今までなかった。
バッテリーが少なくなったときに、iPhoneを低電力モードに切り替えることでメールの取得、アプリのバックグラウンド更新、自動ダウンロード、一部のビジュアルエフェクトを無効化しバッテリーの消費を抑えてくれる。
災害時などの充電が難しい環境時に非常に有効な機能だ。

shoene

 

 
14.設定アプリに検索バーを追加
あれ、あの設定項目ってどこにあるんだっけ?ということがこれからはなくなる。
設定アプリ内にも検索バーが追加され、探したい設定項目を検索バーに入力すると簡単に検索することができるようになっている。

setting

 

 

 
15.各UIが丸みを帯びて優しい雰囲気に
今までよりもUIが丸みを帯びたデザインになった。全体的に優しい雰囲気に。

maruui

 

 

 
16.メッセージアプリに相手の顔写真を表示
メッセージアプリのメッセージ一覧の画面の左側に相手の顔写真が表示されるように。

 

 

 
17.写真をなぞるだけで複数選択が可能に
今まではひとつひとつタップが必要だった写真の複数選択が、写真をなぞるだけで選択可能に。まとめて写真を共有したいときや、一括削除したいときにとても便利な機能。

sentaku

 

 

 
18.写真アプリで閲覧中の写真の前後も表示されるように
閲覧中の写真の下にスライダーで前後の写真が表示されるようになった。今までは一度閲覧中の写真を閉じなくてはならなかった、前後の写真の閲覧が可能に。

slide

 

 

 
19.下にスワイプで写真を閉じることが可能に
今までのピンチインに加え、写真を下にスワイプすることで閉じることが可能に。

 

 
20.システムフォントが「San Francisco」に変更
パッと見分からないが、フォントが今までの「Helvetica Neue」から「San Francisco」へと変更されている。
全体的に見ると地味なアップデートが多数という印象だが、その中身は確実により使いやすいものへと進化しているという印象の今回のアップデート。
なお、アップデートする際は万が一のことを視野に入れ必ずバックアップを作成しておくことをおすすめする。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>