発売から3日が経過。iPhone6s/6s Plus買い換えるかどうか迷っているあなたへ。

i6s

9月25日に発売されたiPhone6s/6s Plus。
早速手に入れたという方もいれば、その一方で性能が上がったっていってるけど実際どうなの?と迷っている方も多いと思います。

2GBメモリとWi-Fiの高速化で動作は最高

Wi-Fiの速度向上
ものすごく速くなっています。数値にして257Mbpsと384Mbps。同じWi-Fiに接続していて、なんと約1.5倍もWi-Fi速度が向上しています。

wifi

▲左 iPhone6s Plus、右 iPhone6s

2GBメモリの威力は想像以上
この2GBメモリ搭載によって、今までとは別次元の速さを実現しています。ベンチマークもiPad Air2より高い数値をはじき出しています。溜まりがちなアプリの一括アップデートも通信環境によって差はありますが、あっという間に終わります。
bench

▲左からiPhone5s、iPhone6 Plus、iPhone6s

ゲームアプリを使う方、仕事の書類やメールをサッと使いたい方その他どんな方が使っても不満がないだろうと思わせてくれるサクサクさです。今までのiPhoneとはベツモノです。

 

発売から3日使用した限りでは、今回のiPhone6s/6s PlusはiPhone史上最も「買い」なデバイスだと言えます。

 

iPhone6sかiPhone6s Plusにするか

性能がいいのは分かったけれど、どっちのサイズにすればいいの?

ipap ▲左 iPhone6s、右iPhone6 Plus

結論からいいますと、外出先での使用がメイン(もしくは多い)方にはiPhone6sをオススメします。
iPhone6s Plusの5.5インチという大きさを片手で扱うにはやや大きくなりすぎ。
それに加え、持ち運びの際にポケットに入らないというのは結構なストレスになる。カバンに入れたとしてもそれだけで結構な荷物に。

では、iPhone6s Plusはどんな人に向いているのか?
画面が大きいので、その分FF VIIなどのRPGゲームアプリを「家で」じっくり楽しみたいという方。また、動画撮影時に光学手ぶれ補正機能が絶対に欲しいという方などはPlus一択になるでしょう。

ストレージは?

今回のiPhone6s/6s Plusのストレージは16GB/64GB/128GBの3タイプ。
このなかで真っ先に選択肢から外れるのが16GBでしょう。

ご存じの通りiPhoneはSDカードなどを挿すことができない。購入時の容量で次の機種変更までやりくりを強いられる。数年前までだったら、あまり使わないからということで16GBで十分ということもあったかと。

しかし、先に挙げたFF VIIのように、今のアプリは容量が大型化してきています。それに加え、カメラの画質もかなり高画質な為すぐに16GBくらいの容量はなくなってしまいます。

後で後悔しても時既に遅しですので、購入するときは64GBまたは128GBモデルをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>