Surface Pro4を発表!より薄くより軽量に、そしてよりパワフルに

sfp4

米マイクロソフトはSurface Pro3の後継機である12.3型のタブレット「Surface Pro4」を発表した。

sfp41

外観はほぼSurface Pro3と同じだが性能はアップ

その外観はSurface Pro3とほとんど変わらないが、厚さが9.1mmから8.4mmと薄くなり、重量800gから766g(Core M3)/786g(Core iモデル)と軽量化に成功している。

薄く軽くなったSurface Pro4だが、ディスプレイはベゼル部分を狭くし12インチから12.3インチへのサイズアップがなされている。この液晶ディスプレイは0.4mm Gorilla Glassを採用し、最大10点のマルチタッチに対応。

sfp42

グラフィックス性能は、M3モデルがIntel HD Graphics 515(CPU内蔵)、i5モデルがIntel HD Graphics 520(CPU内蔵)、i7モデルがIntel Iris Graphics(CPU内蔵)となっている。

また付属のSuface Penの筆圧検知も前モデルの256段階から1024段階に対応し、ペン先の逆側は消しゴム機能を搭載。このペンはオプション絵太さの違うペン先を選択することもできる。

価格は899ドルから。

Surface Pro4スペック一覧

- Core M3 Core i5 Core i7
サイズ 292.1×201.42×8.4mm
重量 766g 786g
ディスプレイ 12.3インチ (解像度2736×1824)
メモリ 4/8/16GB
ストレージ 128/256/512GB/1TB
OS Windows10 Pro
インターフェース USB3.0、microSDカードリーダ(UHS-I対応)、Mini DisplayPort、Surfaceコネクタ、音声入出力
通信方式 IEEE802.11ac/a/b/g/n無線LAN、Buletooth4.0 LE
カメラ 500万画素Windows Hello顔認証対応前面カメラ
800万画素背面カメラ
センサー 環境光センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、地磁気センサー
バッテリー駆動時間 最大9時間

Source:マイクロソフト