2時間も違うの?iPhone 6s・6s Plusの「A9」チップ、製造メーカーによって性能に差が!?

A9

先月25日に発売になった、iPhone 6s・6s Plusですが、今モデルより「A9」と呼ばれているCPUが新たに搭載されていますが、

韓国のSamsung製と台湾のTSMC製が存在することが判明しました。

製造メーカーが違うとバッテリーのもちに違いが

購入前にどちらのA9がiPhone6sに採用されているかわからず、購入後でも専用のアプリで調べないとわからないようになっています。

どちらも同じ性能も同じなら問題ないのですが、Samsung製は、TSMC製に比べバッテリーのもちが約2時間ほど短いとされています。

どちらのCPUが確認する方法

『Lirum Device Info Lite – System Monitor』をインストールして起動するとCPUのモデル名が確認できます。
Lirum Device Info Lite – System Monitor
カテゴリ: ユーティリティ, 辞書/辞典/その他

自分のiPhoneがどちらかやってみた

というわけで、私も発売日当日に購入したので恐る恐るアプリをインストール。

ヘビーユーザーな私にとって2時間というバッテリーの時間差は致命傷。

Samsung製だったら嫌だなとか、交換してくれるのかな?とか考えながら確認してみました。

IMG_9135

ん?Model : N71mAP

これは一体どっちなんだろう。どうやら

Samsung製だと: N71AP(6s) / N66AP(6s plus)
TSMC製だと: N71MAP (6s) / N66MAP(6s plus)

どうやらアタリのようですw

 Appleによると

” …Our testing and customer data show the actual battery life of the iPhone 6s and iPhone 6s Plus, even taking into account variable component differences, vary within just 2-3% of each other….

試験およびユーザーのデータによるiPhone 6とiPhone 6s Plusの実際のバッテリー性能は、チップの(メーカーによる)違いを考慮しても、2〜3%程度の差に収まる”

引用:Arts Technica

との事ですが、仮に違いが本当に「2〜3%」だとしても、バッテリーや機能に差が出てしまうと、アップルはの主張する通常のばらつきの範囲内というわけにはいかない気もしますが・・・