Adobe Flashに深刻なゼロデイ脆弱性が発見される

adobe00

Adobe Systemsは米国時間10月14日に「Adobe Security Bulletin|Security Advisory for Adobe Flash Player|Vulnerability identifier: APSA15-05」にてAdobe Flash Playerにゼロデイのセキュリティ脆弱性があると発表した。

この脆弱性についての修正プログラムは10月16日に既に公開されているという。

クラッシュやシステムの制御権を攻撃者に乗っ取られることも

この脆弱性を悪用されるとクラッシュを引き起こされるだけでなく、影響を受けたシステムの制御権を攻撃者に乗っ取られるという危険性があるという。

セキュリティ脆弱性が存在するプロダクト、バージョンは以下のとおり。

  • Adobe Flash Player 19.0.0.207およびこれよりも前のバージョン(Windows版、Macintosh版)
  • Adobe Flash Player Extended Support Release 18.0.0.252およびこれよりも前の18系バージョン
  • Adobe Flash Player 11.2.202.535およびこれよりも前の11系バージョン(Linux版)

 

この脆弱性は危険度が「クリティカル」とされている。
該当バージョンのFlash Playerを利用しているユーザーには、一刻も早い修正プログラムの適用をおすすめする。

Source:マイナビニュース

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2