代替機の貸し出し始まる AppleがiPhoneの新しい修理プログラムを計画

pgold

「iPhoneが壊れて修理中だから、今スマホがない・・・」なんていう悲しい事態とはもうおさらばになりそうです。

AppleがiPhoneをより早く修理するプログラムを計画中

9to5Macによると今週中にもこの新しいプログラムを導入するとのことです。この新サービスは米国やヨーロッパ、日本の一部のストアで展開される予定。

この新しいプログラムの対象製品はiPhone6およびiPhone6sで以下の条件に該当するもの。

  • コンピュータのiTunesに接続できない
  • 電源が入らない
  • 起動時のAppleロゴが表示されない

 

この条件に該当する場合は故障したiPhoneを修理センターへ送られ、かわりに代替機としてiPhone6 16GBモデルの貸し出しが行われます。

 

店舗とユーザー双方にメリットが

すぐに代替機の貸し出しを受けることができ、ストアでの待ち時間が減るこの新プラン。店舗ではより多くの顧客対応が可能になりますし、ユーザーは修理完了まで待つことなくiPhoneを利用できます。
店舗とユーザーと双方にとってのメリットのあるプランです。

できればこのプログラムのお世話にならないようにしたいものですが、万一修理となっても今までよりもそのストレスはかなり軽減されそうですね。Appleからの正式な発表に期待しましょう。

Source:9to5Mac,BGR