Apple 2009年製のiMacなど多数を12月8日サポート終了へ

appleend

そろそろお別れの時期が近づいているのかもしれません。

9TO5Macによると、Appleは2015年12月8日をもって2009年に発売されたiMacやMacBook Air、MacBook Proなどを複製品のサポートを終了するようです。

あなたのMacは大丈夫?

Appleでは製造中止から7年以上が経過した製品を「オブソリート製品」としています。オブソリート製品に対しては、例外なくAppleのハードウェアの各種サービスを受けることができなくなっています。

obapple 画像:Apple

そして今回新たに2009年に発売された各デバイスがこれに含まれるとのことです。
対象製品は以下のとおり。

  • iMac(21.5-inch,Late 2009)
  • iMac(27-inch,Late 2009)
  • MacBook Air(Mid 2009)
  • Mac Pro(Early 2009)
  • MacBook(13-inch,Early 2008)
  • MacBook Pro(15-inch,Early 2008)
  • Time Capsule 802.11n(1st Generation)
  • iPod touch(1st generation)

これらの製品のサポートが受けられるのは2015年12月8日までになる予定とのことです。該当製品をお持ちの方には、買い換えを含め今後どうするかを早めの決断を迫られそうです。

Source:9TO5Mac

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2