MicrosoftがOneDriveのサービス内容改変を発表 無制限プランを撤廃へ!

onedb

Microsoftが提供するクラウドサービス「One Drive」のサービス内容の改変を発表した。今回の改変はOneDriveユーザーから悲鳴が聞こえてきそうな内容になっている。

OneDrive BlogによるとOneDriveの容量プランの内容が大幅に改変され、容量無制限プランの撤廃や無料プラン向けに提供されていたストレージ容量の縮小などが行われることが明らかになった。

多くのプランで使用可能容量を引き下げ

今回のサービス内容の変更点は次のとおり。

  • 「Office 365 Home/Personal」またはアカデミックユーザー向けに提供されていた容量無制限プランの撤廃。今後は1TBを上限に。
  • 100GBプランと200GBプランを廃し。2016年の早い段階で1.99ドルで利用できる50GBプランを発表予定。
  • 無料プランで提供されていたストレージ容量を15GBから5GBに縮小。2016年の早い段階で実施予定。
  • 15GBのストレージ容量が得られるカメラロールストレージボーナスを廃止。2016年の早い段階で実施予定。
  • サービス内容改変の理由とは!?

    今回のサービス内容改変の理由として、一部のユーザーが容量無制限をあまりにも使用しすぎていたことを挙げている。

    なかには75TB以上ものデータをバックアップしているユーザーもいたという。この数字は平均の14000倍ものデータ量になっているとのこと。
    今回のサービス内容の改変はあくまでも大多数のユーザーに利益をもたらすものとしている。

    尚、Microsoftは今後1TB以上のストレージを使用しているOneDriveユーザーに対して連絡をするとのこと。最大12ヶ月間は現状のまま使用可能。5GB以上のストレージを利用している無料プランユーザーにも適用される。

    該当するユーザーは、早いうちに代替のサービスを探す必要がありそうだ。

    Source:OneDrive Blog

    PR
    iphonerepaireban1 mbhoken_banner2