【漫画が原作シリーズ】恋とか愛とか

unnamed

漫画の映画化って実は抵抗あったりしたんですが、それはそれ・これはこれで見てみるとなんだかんだで面白いんですよね。
今回は中でも恋愛に関するものをピックアップ!淡く切ない物語でキュンキュンできる。
実写化はアリ?ナシ?そんなことは関係なく一つの作品としてお楽しみください。

 


◯僕等がいた

5174gYRmyOL._SY300_

 

 

ザ・青春の少女漫画。
『ベツコミ』(小学館)で連載されていた、小学館フラワーコミックス。単行本は全16巻出ている作品。
アニメ化もされているんですよ。映画の監督は三木孝浩。
暗い部分もありますので、明るい作品をお好みの方は避けた方がいいかもしれませんね。


◯君に届け

154117_01

 

『別冊マーガレット』(集英社)にて 連載中。単行本は2015年11月現在、24巻まで刊行。
黒沼爽子の友情・恋愛・進路などを通して新たな発見をし、1歩1歩成長していく物語。
リアリティは正直少ないとは思いますが、作品としては清々しくご覧いただけるのではないかと思います。
女性目線な作品。素直な心を取り戻し、明日への糧にしよう!


 ◯好きっていいなよ。

poster2

 

仮面ライダーフォーゼの福士蒼汰さん主演、青春恋愛映画。
むしろ 福士蒼汰による福士蒼汰のための映画なんじゃないかって思うくらい福士蒼汰です。
原作に忠実に作られているとは思いますが、福士蒼汰です。
福士蒼汰ファンやかっこいい男の子で目の保養をしたい人にオススメです!


◯ラブ★コン

img_1

 

漫才のような掛け合いが面白い、さっぱりした恋愛映画ですね。
テンポよく物語が展開するので、最後までスムーズに進んで行く映画だと思います。
「キュン死」久々に聞いたけど、当時は結構使われていたなー。
なんとなく元気になれる映画です。

 


◯ハチミツとクローバー
51MDRNE2R3L

 

 

好きな人のことで世界が回っている。それに対して一生懸命に過ごす。
そんな青春を感じさせられる作品。
ファンタジーを思わせられるキャラクター性・大学という設定としてはピュアな気もしますが、こういう感じだったら大学行けばよかったなーなんて思ったりします。いいなー。


 

過去にこういう作品を見た時に正直「煮え切らない」なんて感じていたこともありましたが、今思うとそれこそが「青春」を表した作風なのかな・・・なんて思ったりします。
見返すと感じられることって変わるんですよね。

原作と違って映画って時間制限あるんで表現が限られちゃうんですよね。
それにより【原作が漫画】の映画に触れると、漫画読み返したくなっちゃいます。
時間がいくらあっても足りないなー。

 

画像:各DVDパッケージより使わせていただいております。