設定なしでそのまま使える!iPhoneのバッテリー消費を抑える方法

iface

iPhoneのバッテリーの持ちをよくしたい!そんな時に真っ先に思い浮かぶのが、「低電力モード」じゃないでしょうか?

けれどこの低電力モードは、バッテリーの消費を抑える代わりにメールの取得やバックグラウンド更新などが無効になってしまいます。できることなら、こういった機能を使いつつバッテリーの消費を抑えたいものですよね。

そんなときにつかえるのが、「フェイスダウンモード」です。

ただディスプレイを下向きに置くだけ

このフェイスダウンモードを使用するには、ただiPhoneを置くときにディスプレイを下向きに置くだけ。特別な設定はなんにもいりません。これだけでバッテリー消費を抑えることができちゃいます。

ディスプレイを下向きに置くだけで、iPhone内蔵のセンサーが向きを判定しムダなディスプレイの点灯を抑えてくれるんです。

例えば通知が来たときなどは、バイブレーションだけが鳴りディスプレイは点灯しないという具合に。

iPhone5s以降で対応

このフェイスダウンモードを利用するには、iOSをiOS9にしていることが条件です。

また、対応している機種はiPhone6s/6s Plus、iPhone6/6 Plus、iPhone5sの5機種。これ以外のiPhoneを利用している人は、残念ながらこの機能を使用することはできないので、注意が必要です。

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2