MicrosoftがWindows10アップグレードプロセスを改善 2016年には分類を「推奨」へ

sd22

Microsoftは米国時間12月1日にWindows10への以降を行うソフトウェアを改善した2つのアップデートをリリースした。

今回リリースされたアップデートはWindows7向けのKB3112343とWindows8.1向けのKB3112336。これら2つのアップデートについて、内容説明には以下のように記されている。

「このアップデートは、Windows7(または8.1)からWindows10への追加アップグレードシナリオをサポートし、特定のエラー状況のためオペレーティングシステムのアップグレードを再試行する必要がある場合に、よりスムーズなエクスペリエンスを提供する。また、このアップデートにより、Microsoftがアップグレードエクスペリエンスの品質を監視する能力も改善される」

確かにWindows10へアップグレード中にトラブルが発生し、結局元のバージョンへ戻したという声はあらゆる場所から聞こえてきている。今回のアップデートでどの程度改善されているのかには注目だ。

Windows10無償アップグレードプログラムが2016年には推奨に

現在Windows10へのアップデートプログラムは「オプション」カテゴリに分類されている。Microsoftは2016年の早い時期にこの分類を「推奨」にする見込みとのこと。

なお、今回リリースされたアップデートも分類は「オプション」になっているため、インストールを希望するユーザーはWindows Updateより使用中のWindowsバージョンに適したアップデートを選択しインストールする必要がある。

Source:cnet Japan

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2