ドン・キホーテが文庫本サイズの”驚安PC”「ワリキリPC」を発売

warikiri

安売りの殿堂でおなじみのドン・キホーテが文庫本サイズのパソコン「ワリキリPC」を12月11日から全国の店舗で発売を開始した。価格は19,800円(税抜)。

ワリキリPCは必要最小限の機能とアクセサリーに特化することで、驚安価格を実現しているとのこと。OSはWindows10 Homeを搭載し、HDMIケーブルで接続することによりテレビがモニターとなる。

パソコンのメイン用途である、インターネットや動画再生、メール、Word/Excel/PowerPointに対応。Microsoft Officeは付属しておらず、キングソフトOfficeが付属している。

必要最小限を低料金で

ドン・キホーテはこの製品の特徴として、文庫本並みの小型ボディでありながら最新OSのWindows10 Homeを搭載していること。13時間連速稼動バッテリーを内蔵していることを挙げている。

製品スペックは以下のとおり。

製品名 ワリキリPC
OS Windows10 Home
CPU インテル Atom Z3735F プロセッサー

(クアッドコア、定格 1.33GHz)

メモリ 2GB
ディスプレイアダプター インテル HD グラフィックス(CPU内蔵)
ストレージ 32GB eMMC
無線LAN IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth4.0
USB2.0 USB2.0×2、Micro USB×1
カードスロット microSDカードスロット
サイズ 約116×152×15mm
重量 350g

ノートPCでもないのに、バッテリー内蔵?と思うかもしれないが、リビングから寝室に持ち運んで作業を継続するなど、部屋を移動しても使用できることが利点とのこと。

また、モニター、キーボードやマウスは付属していないので別途用意が必要となるので注意が必要だ。

少し前に話題になった、スティック型PCと同じような使い勝手となるのだろうか?

Source:株式会社ドン・キホーテ