テックウインドがWin10搭載キーボード一体型PC「キーボードPC WP004」を発表

main2

デスクトップとかノートとか、最近ではタブレットやスティック型など様々な形態のパソコンがあるが、遂にキーボードにパソコンが内蔵される時代に。

テックウインド株式会社は、パソコンとキーボードが一体化したキーボードPC『キーボードPC WP004』を2016年1月中旬に発売すると発表した。

トラックパッド搭載で有線LANも利用可能

OSにはWindows10 Home 32bitを搭載し、テレビやディスプレイに繋ぐだけで、インターネットやメールなどを利用することが可能。キーボードにはタッチパッドも搭載されているので、マウスがなくてもそのままセットアップを行うことができる。

WP004はVGA、HDMIをはじめ、有線LAN、USBポート×2、microSDカードリーダーが利用可能。また、CPUにはAtom Z3735F、32GBのストレージ、メモリは2GBを搭載している。多くのスティック型PCと違い、通常のノートPCとほぼ同じような拡張性が特徴だ。

本体サイズは幅287×高さ125×厚さ26.5mm。重量は約288g。バッテリーは内蔵されず、付属のACアダプターを使用しての駆動になっている。

テックウインドは、手軽に使える2台目のパソコンとして利用することを提案している。

主な仕様は以下のとおり。
wpkey

Source:TEKWIND