2016年1月12日の新ポリシー実施に伴いIPAがIEの最新バージョンへのアップデートを呼びかけ

iesu

あなたのPCは大丈夫ですか?

Internet Explorer(IE)のサポート対象が2016年1月12日を過ぎると各WindowsOSで利用可能な最新版のみに変更されます。

サポート対象外になるとどうなる?

サポートの対象外になると、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、その結果新たな脆弱性が発見されても解消することができなくなります。

脆弱性が見つかり攻撃者がそれを悪用すると、ウイルス感染によりブラウザを正常に利用できなくなったり、情報が漏洩したりなどの被害に遭う恐れがあります。

IEを最新バージョンに

このような状態にならない対策としては、使用中のIEが最新版であることが求められます。

IEバージョンアップは、WindowsUpdateを行うことで可能です。バージョンアップを実施した場合は、必ずIEのバージョンを確認してください。

各OS別のサポートが継続されるIEのバージョンは以下のとおりです。
iesupport

新ポリシー実施まで残り1ヶ月を切りました。お使いのIEが最新バージョン出ない場合は、早急にバージョンアップの実施をおすすめします。

Source:IPA

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2