ソフトバンクが声を文字に変換するコミュニケーション支援アプリ「こえ文字トーク」がリリース

koemoji

ソフトバンクが音声認識を利用し、会話を文字に変換することで、聴覚に障害のある方との円滑なコミュニケーションを支援するiOSとAndroid向けアプリ「こえ文字トーク」の提供を開始した。

アプリは一部の機能を除き、無料で利用可能。

対象機種は、iPhone5以降、iOS8.0以降。Android4.1以降となっている。

コミュニケーションを支援する3つの機能

1対1でトーク

この機能を起動して、スマホに発話するとその内容が文字で表示される。聴覚に障害のある方が外出先で道を尋ねる場合や、相手の声が聞き取りにくい場合のサポートとして利用できる。

グループでトーク

複数のスマホへこのアプリをインストールすることで利用可能。最大8人までのグループトークの発話内容が文字で表示される。家族や友人同士での会話などで利用すると便利な機能。

利用には、Wi-FiをオンにしたAndroid端末同士か、BluetoothをオンにしたiPhone同士で、AndroidとiPhoneを交えての利用は残念ながら対応していないとのこと。

音量を増幅

イヤホンを装着した状態で利用可能。「音量を増幅」ボタンをタップすると、周囲の音声を増幅させることが可能。また、音域ごとの強弱や左右の耳から聞こえる音量のバランスを調整することが可能。

なお、音量を増幅機能の利用にはアプリ内課金が必要。料金はAndroid版で324円(税込)、iOS版で360円(税込)となっている。

こえ文字トーク

こえ文字トーク
開発元:SoftBank Corp.
無料
posted with アプリーチ

Source:ソフトバンク